‘SOUL’ カテゴリーのアーカイブ

127ヶ月め

2021 年 10 月 11 日 月曜日


今日な2011年3月11日から3,867日
552週3日
10年7ヶ月
127回めの11日です。

福島県浪江町の水田跡地に繁殖した準絶滅危惧種に指定されているミズアオイの群生を、
40号の板に描きました。
震災から10年目の夏、農薬の使われぬ耕作放棄地だからこそ繁殖したという報道を、
福島県立博物館の学芸員さんが嬉しそうにSNSでシェアしているのを見て、
これは見てみたいなと、朝いちの常磐線特急ひたちに飛び乗り浪江町まで。
常磐線沿線はいわき駅までは何度も来ていたのですが、
それより北は震災からの復旧が進まなかったことや、
原発事故からの復旧過程を興味本位で見ることを避けたい気持ちもあって、
立ち入るタイミングを探っていました。

昨年3月14日、富岡―浪江間(20.8キロ)で運転を再開し、
9年ぶりに全線がつながったとのこと。
富岡の桜並木に久々再会した富岡出身者の姿が報道されたこともあり、
今回このタミングで北に弾け飛んでいった感じです。「初めまして」の いわき駅より北側の土地。
田んぼが綺麗だ〜

海も綺麗だ、太平洋だ〜


人の手の入った景観も美しく、
10年数ヶ月前に人々がどんな思いでこの土地に暮らしていたのか、
ほんとわずかではあるけれど、想像出来ました。上野駅から3時間15分で浪江駅。新型コロナウイルスの感染拡大は収束傾向にあるとは言え、
あまり人と接すること無く着いた街は、
光う溢れる伸びやかで気持ちの良い土地でした。

未だ帰宅出来ぬ人、帰宅を諦めた人、この町で生活を再開された人、
あらゆる立場のある人に対する想像力が追いつかずにいる自分ですが、
ここで暮らしていた人にどれだけ愛されていた土地なのかは、
他の美しき土地を巡ってきた経験から想像出来ます。


そして、やはり実際足を運ぶことで、
これまでは報道の望遠レンズの中霞んでしか見えていなかった土地が、
色彩を帯びた熱のあるものとして感じられることは、大きいなあ。

これは、もの心ついた時からモノクロの写真の中にしか存在しなかった熊本県の水俣に、
実際に行ってみた時に起きた変化と一緒。

想像を絶する苦難に襲われた土地について、
ボクはその痛みを想像することを止めることはありません。

しかし、それと同時に当たり前にあった、もしくは今当たり前になりつつある生きる喜び、
そんなものを発見し、自分の中で大切に育ててゆくようなこともやらねばです。


それはどういうことだろうかと、たとえば、田んぼに自生した花を描いてみて、
でもそれはカッコつけた自分の姿に見えたりして、「あ、これは違うな」と塗りつぶし、
また描き、また塗り潰しまた描く。
そんなことを繰り返すことでやっと、風景の中に潜む人の気配や生きるに手が届く。
そんな作業をこれからも繰り返しゆきます。


でないとね、
土地に根付き暮らしてこられた方は、チャラいの簡単に見破ってしまうからね、、
ともかく、会話の糸口になる小さなひと言がこぼれ落ちてくるまで、
カッコつけの自分を塗りつぶしてゆきますよ。

浪江町での滞在は40分ちょっと。
(常磐線のダイヤの都合もあるし、地域にコロナの心配をかけたくないのもあるしね)
しかし、
震災以前に自分が使っていた電気がどんなものであったのか、

あらためて知ることが出来たし、
では自分が生きてゆくのに足るものはなんだろうって、
あらためて考える旅になりました。

名物の浪江焼きそば、そしてシラス丼、
次は堪能させてもらいますね〜!帰り道、
何度も足を運んできたいわき市の薄磯ビーチから塩屋崎灯台、豊間ビーチとフィールドワーク。

ここもまた絵にしてみよう。

しかし、10年前は水鳥の足跡だけだったビーチが。
そろそろ息子と一緒に来てみようか。


あらためて、
今回描いた絵は現在開催中の展覧会に出展しています。
ただ花を描いてあるだけの絵ですが、
ご自身の中にあるなにか大切なものと会話してもらうきっかけになればいいなと、
願っております。

WAVE TOKYO 2021
日時 2021年10月9日(土)~17日(日)
会場 3331 Arts Chiyoda
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11−14
入場料1,000円をお願いいたします。
参加作家
赤 赤津ミワコ 秋元机 朝倉世界一 浅野忠信 鮎川陽子 荒井良二 安齋肇 anna choi 飯田淳 ikik 石浦克(TGB design.) 伊藤桂司 井上嗣也 岩間有希 牛木匡憲 後智仁 宇野亞喜良 瓜生太郎 AC部 越前菜都子 大津萌乃 岡田将充(OMD) オカダミカ 小川泰 小岐須雅之 沖冲. ONO-CHAN 角田麻有 片桐仁 加藤崇亮 川口育 川元陽子 管弘志 薬指ささく くまあやこ くるはらきみ 小池アミイゴ 古塔つみ 小林紗織 サイトウユウスケ 坂口隼人 櫻井万里明 佐々木香菜子 笹部紀成 佐藤ブライアン勝彦 SARUME ジェニーカオリ 七戸優 島田萌 しりあがり寿 スガミカ 須川まきこ 須田浩介 snAwk 空山基 高木真希人 高橋キンタロー 竹井千佳 田名網敬一 田中麻記子 dbstr タムラフキコ Dunkwell 都築まゆ美 tupera tupera 手島領 寺田克也 TERRY JOHNSON 時吉あきな 友沢こたお とろろ園 長嶋五郎 中島友太 長野剛 中原昌也 中村幸子 那須慶子 抜水摩耶 根本敬 野々上聡人 長谷川雅子 HAMADARAKA(EmuArizono/EruArizono) Bioletti Alessandro  平井豊果 ヒロ杉山 VJ Technova POOL 藤田淑子 藤本巧 古川じゅんこ 本田誠 前田麦 牧かほり マスダカルシ 益山航士 真々田ことり 水野健一郎 ミヤギユカリ 本秀康 森口裕二 矢野恵司 山口はるみ 山崎由紀子 雪下まゆ ユムラタラ 横尾美美 吉實恵 吉田ユニ 吉村宗浩 米原康正

126ヶ月め、246ヶ月め。

2021 年 9 月 11 日 土曜日


今日は2011年3月11日から3,837日
548週と1日
10年6ヶ月
126回めの11日です。

そして、
2001年9月11日から7,489日
1,069週と6日
20年6ヶ月
246回めの11日です。

20年前の夏、初めてPCを手にしインターネットにも触れ始めた直後でした。
20001年9月11日、夜の9時過ぎに家に帰りしばらくすると、
テレビがニューヨークで起きている異常事態を報道し始めました。

すぐにインターネットに接続し、情報を収集しつつ、
当時深く関わっていたclammbonのHPの掲示板での発言を追いました。

LIVEで知り合ったファンの方が多いので、
1人ひとりの顔を思い浮かべながら、1人ひとりが受けた恐怖を想像し、

可能であれば癒しの言葉をかけ続けたのが深夜まで続いた、
そんなアメリカの同時多発テロ発生9月11日の記憶。

その際よく語られた「映画を見ているようだ」という感想に対する違和感、
それは、10年後の東日本大震災発災時に感じ、

その時は「映画みたいなものをリアルなものに引き戻さなくちゃ」と、
現地に弾き飛ばされるように駆けた原動力のひとつになったはずです。

2011年。

当時ボクは東京青山のOjasというラウンジCLUBで、
唄のための時間「春夏秋冬」というイベントを開催していました。

1999年に春に都内で活躍していたR&Bシンガーのみんなと始めた、
「誰でも歌っていいよ」というイベント。

宇多田ヒカルがブレークした直後でしたが、
日本でR&Bはまだマイナーなジャンル。

しかし、それに必死に食いつくようにして自分を表現しようとしている若い人が少なからずいて、
しかし、女性シンガーの多くは、男性目線のプロダクツの上で、性的搾取も含めた表現を求められていたような時代です。

上手いとか下手とか、可愛いとかセクシーだとか、業界的ジャッジを排除し、
ただ歌いたければ集まればいいよという時間を、毎月一回木曜の夜に設けたら、
意外やものすごく歌の上手い人も多く参加し、
2年後には毎週開催しなければならなくなるくらい表現者が集まるようになったのです。

ものすごく上手い人も、そうでもない人も、同じ時間の中で歌い、
上手くないけど必死に表現しようとしている女の子の歌を、
バリバリ歌える人がめちゃくちゃ真剣に聞いて、そこで受けた感動を言葉にし、
自分の表現にフィードバックするようなことが自然と生まれた時間。

現場の責任はすべて自分にあると考え、業界的なマナーから一線を引いたイベントは、
意思のある人なら来るものは拒まずですが、
イベントを大声で宣伝したり、売り込んだりなんてことは絶対にせず、
お客に友人を呼び込むようなことさえせず、アンダーグラウンドを貫きました。

そんな時間だったからだと思います。

9・11同時多発テロ、その半年後のアメリカのアフガン侵攻と、
圧倒的な暴力を目撃されたとしても、みんなフリーズすることなく、
相変わらず人の発する小さな表現に真剣に向き合い、語らい、自分にフィードバックさせる。
そんな循環を絶やすことなく続けられる小さな現場だからこそでしょう、
どんな現場より早く、暴力に対してどんな表現を持って立ち向かうのかが練リ込まれた歌が生まれました。

ある夜「ハナミズキ」と名付けた曲を作ってきたと、1人のシンガーが歌い始めました。

うす暗がりの青山の空間で、弱き人々が息を飲むようにしてひとつの歌に向き合う風景。
それはとてもしなやかな力に溢れた風景でした。

その歌に込められたメッセージがどんなものか、その瞬間に理解など出来ないのだけど、
ただ、こんな風に1人の表現に真摯に向き合うことを「100年続けて」ゆかねばと思った歌の記憶。

今週の8日、花の絵の連載を続けている京都新聞に、そのことをちょっと書きました。
ただ、300文字程度で語ることは限られてしまうので、あらためてここで言葉にしています。

この歌に限らず、今も心の中でループを続ける歌に出会えた「春夏秋冬」というイベントは、
2002年5月、やるべきことはやったとボクが判断し、その任務に終止符を打ち、
よりローカルな表現を求め、ボクは沖縄や福岡を目指すようになります。

自分のやってきたことを語る時、
音楽イベントとして、clammbonやハナレグミとの関係が濃かったOurSongの名前を出すことが多いですが、

春夏秋冬はより参加するすべての人が表現者で、すべての人が主役と考えていたことと、
参加者の中で同じような発想でイベントを始める人も多かったので、
自分の考えを言葉にして発信するのは避けてきました。

あれから20年めの11日。
今から80年、その頃は自分は生きていないけれど、
ボクの息子たちたち世代に繋いでいってもらいたいことを
言葉に残しておきたいと思ったのです。

ところで、
春夏秋冬でのボクのDJはサイコーだったってことだけは言わせといて〜

125ヶ月め

2021 年 8 月 11 日 水曜日


今日は2011年3月11日より3,806日
543週5日
10年5ヶ月
125回目の11日です。

今日は絵本「はるのひ」原画展の初日のため三重県四日市に来ています。

午前午後と、子どもたちとの絵遊びの時間を設けています。
コロナの閉塞感の中、感染対策は万全に行いながらも、
子どもたちの気持ちが解放されてゆくような、
付き添いのお母さんたちの心が少しでもほぐされるような時間にしてみます。

絵は、毎年参加している熊本でのチャリティーのために、
水彩絵の具で色紙に描いた朝顔の花。

家のベランダですくすく育ち、たくさんの花をつけてくれている朝顔。

コロナの感染拡大が止まらぬ夏に、
植物が成長する姿から感じるしなやかで伸びやかな力強さは、
自粛を強いられる日々を生きる力になっているようです。

チャリティーの詳細は以下をご参照くださいませ。

+++

 各界で活躍中の皆さまから色紙や小品約170点が寄せられました。
展示、公開抽選の上、販売します。益金は熊本善意銀行を通じて社会福祉に役立てます。
入場無料。
【会期】8月18日(水)~22日(日)午前10時~午後6時
【会場】鶴屋ふれあいギャラリー(東館8階)
【申し込み】会場で申込用紙(5枚組み・300円)を購入。
希望の作品番号、氏名、電話番号を記入して会場内の投票箱へ。
最終日の22日は午後5時で締め切り。
【公開抽選会】8月23日(月)午前10時半、会場で。
       ※当選者は新聞紙面に氏名を掲載。
【発表】 8月24日(火)付の熊日朝刊。
【価格】 1点8千円(額付き)
【作品渡し】8月23日(月)は午後2時~同4時に会場で。
8月24日、25日は午前10時~午後6時まで熊日本社事業局(熊本市中央区世安町)で。
申込用紙の半券および代金と引き換え。

+++

こんなポストをしている最中に、
熊本日日新聞が9月いっぱいで夕刊を休刊させるとのネットニュースが浮上。
社会のあり方が変化する中、どれだけしなやかな感性を身につけられるのか、
これからも地方で出会う生きるアイデアを追いかけてゆこうと思います。

オリンピックの開会式、閉会式を見て、さらに強く、
日本のローカルに生きる文化を大切にしないと大変なことになると思ったのです。

絵はマラソン男子優勝のケニアのキプチョゲ。

124ヶ月め

2021 年 7 月 11 日 日曜日

今日は2011年3月11日から3,775日
539週2日
10年4ヶ月
124回めの11日です。

先月の東北フィールドワーク後、
東北で10年かけて積み重ねられてきた地域作りの知恵を、
東京での暮らしの中に落とし込むことを考えています。

対話と共有から得られる新鮮で確かな発想。

もちろん上手くいったことも上手くゆかなかったこともるわけで、
これからも東北のチャレンジは続き、ボクはそれを追いかけてゆくつもりです。

東京はオリンピックが目の前に迫り、しかしコロナの感染は収束せず、
ワクチン接種を進めながら4度目の緊急事態宣言が発出される状況にあります。

東北では今でも、テレビでも新聞でも人の間でも「震災からの復興」ということが語られていますが、
東京では復興とオリンピックが一括りにされてしまったことで、
復興の本質がなんであるのか、思考停止になってしまったように感じました。

NHKの連続テレビ小説は、震災から10年目の今年、あらためて被災をテーマに組み込み、
復興というものがどんな姿であるのか、改めて考えるチャンスを作ってくれてるけれどね。

「復興」という言葉がかかるのは、
社会的インフラ、システム、生活、心、などなど多岐にわたり、
ひとつの価値観で語れるものではありません。

「復興」と思ってやったことも、
ある人にとっては「復旧」でしかなかったりもします。

「復興って何?」を考えることはとても大変なんだけど、
だからこそ日本の社会全体の問題として、1人ひとりそれぞれの場所で、それぞれのサイズ感で、
考え続けてゆくことで「世の中をより生きやすいものに育ててゆこう!」

でないと、失われた命に対して申し訳が立たない。

ボクはそんな考えでいました。

そんな考えのもと、自分の暮らす渋谷区ローカルの活動に参加するようになってみると、
実は自治体レベルでは、震災から学んだことが細部に落とし込まれていることに気づく。

が、いわゆる「普通に暮らし」「普通にメディアに接している」だけだど、
多くのことを見落とすようなことになっている。

これはなんだろうな。
なんだかとてももったいない。

2013年5月、オリンピック開催が東京に決まった瞬間、
招致委員と呼んでいいのかな、そんな人たちが一斉に立ち上がり喜びを爆発させた姿を、
テレビの画面で見て、
オリンピック開催はそこまで喜びを爆発させることなんだと、少なからずの違和感と共に思い、
さらには、
震災から2年2ヶ月のタイミングで、まったく万歳な気持ちになれない自分がいてね。

「復興した姿を世界の人に見てもらえるオリンピックにする」と語られたことは、
国や委員会に委ねることでは無く、個人レベルでも検証続ける必要があると。

その日のSNSには、
オリンピックが東京に決まったことで、自分の仕事が増えることもあるだろう。
しかし、それで浮かれることなく、見るべきものを見続けてゆかねば思う。

みたいなことを書いたなあ。

たとえば、復興庁のHPを見ると、
大きく「復興五輪とは」と書かれ、
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を機会に、復興しつつある被災地の姿や魅力を国内外に発信することで、被災地の方々を勇気付け、復興を後押しすることが我々の使命の一つです。
などと続きます。

社会的インフラが復旧し、さらに復興道路のようなものが新たに整備され、
人の行き来がスムースになり。経済活動が活発になるとともに、
インバウンドの呼び込みがスムースに行われ、経済的豊かさが高まり、
そうした経済サークルに関わる人々の生きがいが高まる。

そんな理屈や構図は良くわかる。

が、それだけじゃないよな。

人の生き方、人との繋がり方、そこから生まれる地域の姿、
地域と地域の連携、ITやグローバルとの繋がり方、などなど、

人が生きてゆけるためになにが出来るのか?
未曾有といわれ、かつて経験したことのないと語られる状況から、
新たな社会を創ってゆくこと。

そうしたことに、
「掛け値無しに良いこと」と信じてやまないオリンピックを手にた
おじさんおばさんたちの思考や目は曇らなかっただろうか?

ボクは2016年オリンッピクに日本が立候補した際の計画、
「史上最もコンパクトな大会」に期待するものがあったし、
旧国立競技場はそのままに、晴海にメインスタジアムを建設する計画は、
ポジティブに捉えていたのだけどなあ。

その後東日本大震災があり、
社会のあり方をみんなものすごいエネルギーで考えていたはずの2013年、
2020のオリンピックが「TOKYO」とアナウンスされた瞬間の、
テレビの向こうで喜びを爆発させるおじさんおばさんたちは、
どこからやってきた人たちなのか、あの瞬間見失ったもの、
もしくは「見失なわされたもの」はなんだろう?
その喜びの背景にあるものは、社会や個人にシェア出来ているのだろうか?
それを共有する努力をすること無く、
「復興」をなにか都合の良い言葉として利用してしまってはいないか?

その後、
「え?国立競技場ってこうなるの??」
「え?このシンボルマークどう決まったの??」
「え?オリンピックのキャラクターって、、」
「え?ポリンピックのぽすたーって、、」
「え?オリンピックの予算てこんなに膨らむの??」
「え?女性は話が長いの??」
「え?開会式はブタが??そんなことないよね、、」

「え?聖火リレーって、スポンサーのバスが先導してくるの??」
などなど、聞いてないよ〜なことばかり。

そして、
「オリンピックってこんなにおじさん臭いものだったけ?」

これは良いことだからやるべきことをやる。

オリンピックをとりまく数々のことが、
なんだか、ほんと老けたものに見えちゃうんだよね。

それはきっと日本の社会の中でオリンピックは
きっちり56年の年齢を重ねてしまったということなんだろう。

それはボクが実際に東北で出会う「復興」ってことと、
とても生合成が悪く見える。

身近で言えば、
「スポーツの力で日本を元気に!」と叫ばれる割に、
子どもたちが駆け回る公園やサッカーグラウンドが閉鎖され、
オリンピック関連の施設に変えられているのを見て、

もしまたオリンピックを誘致するようなことがあれば、
最高峰のアスリートが競い合うすぐ側で、
子どもたちも走り回れるようなものを目指してもらいたいな。

そのためにも、今のIOCが主催するオリンピックは、
一度終わりにする必要があると思う。

123ヶ月め

2021 年 6 月 11 日 金曜日


今日は2011年3月11日から3,745日
535週
10年3ヶ月
123回めの11日です。

6月2日、福島県の郡山市の”みどり書房”さんから頂いた絵本の原画展のご縁に答え、
PCR検査陰性を確認した上で、設営に向かいました。

初めて展覧会を開催するという書店のみなさんとボクとで、
現場作りのスキルアップをするってことに意味を感じたので、
ともかく現場へ。

その後、仕事でご縁をいただいている医療法人社団進興会さんの、
宮城県仙台市にある”せんだい総合健診クリニック”で、人生初人間ドックを受診。

ならばと、連載をしている旅のエッセイの取材をしようと、
4年半ぶりの気仙沼の唐桑へ。

いつもは東北新幹線で一関乗り換え大船渡線向かう気仙沼ですが、
今回は復興道路と呼ばれる高速道路、
三陸道の仙台-気仙沼間が開通しているとのことで、
高速バスを利用してみました。

利用した印象は「気仙沼は近くなったなあ〜」です。

震災後知り合った友人たちと久々の再会を果たし、
会話のほとんどを占める他愛も無い話で笑い、
しかし、会話の中に絶えず挟み込まれる「震災から10年のリアル」に頷き、
コロナはほんと大変だよねと、慰め合う。

あれから10年の気仙沼を歩き、みんなの今を確認。

10年頑張ってきて、「よし!」と思い踏み出せたタイミングで、
コロナで足踏みを余儀無くされる苦しさ。
ボクは無力な存在ですが、まずは共有したので、
今後はアイデアを交換してゆきましょう!

そこからさらに陸前高田、大船渡と北上。


陸前高田では、東日本大震災津波伝承館へ。
この国の作った施設と、たとえば、気仙沼市が運営する東日本大震災遺構・伝承館との、
存在意義の微妙な違いを肌で感じつつも、
あれから10年の今、心はまだ静けさと共に祈る気持ちで支配されるのだなあと思い知る。

初めましての土地大船渡は、
東京で知り合った大船渡育ちの女性の、大船渡への愛と喪失の言葉を頼りに、
ともかく自分の足で歩いてみることをしてみました。

中学生の春、彼女が心に刻んだものは、消えてしまようものでは無く、
今もその時で止まっていることばかりでもあろうけれど、
だからこそ救えるもの、生かすことの出来ることはあるんだろうと、

未だ復興の石鎚が鳴り響くリアスの街を包む、
懐の深い美しき自然が与えてくれる優しさと強さから直感しました。

小笠原満男さんが中心となり尽力し造ったサッカーグラウンドにも出会えた。
なるほど「誰が造った」なんて言葉はどこにも書かれていない、美しいグラウンド。
俺の満男、紛れもなくいい漢です。


そして宮古。
なんども利用している三陸鉄道も、南リアス線は初めて。

2年ぶりの宮古駅を降り立つと、
懐かしいという気持ち以上に、なんだが元気そうに見えるぞ!という、
震災直後では感じられなかった”華やかさ”なんてものを感じました。

それでも、いつも立ち寄る食堂は、ゴリゴリのコロナ対策での営業で、
10年頑張ってきて、今回のコロナは、やはり厳しいのだろうなと思うばかり。

旅の最後の目的は井戸。

岩手県沿岸部のすべての町から映画館が消えてしまったことを受けて立ち上がった、
古い酒蔵を利用し、映画を上映し、地域コミュニティの核を創ろうとするプロジェクト、
シネマ・デ・アエルのコアメンバーが新たに企画した、
「街に”井戸端”を復活させよう!」というクラウドファンディングを利用し達成したプロジェクト。
その井戸を見ることです。

この日偶然にもプロジェクトの代表の有坂さんに会うことが出来て、
こうしたプロジェクトの意義なんてものをあれこれ聞かせてもらえました。

そこで語られることのほとんど全てには「対話と共有」という原則が通底しています。

この「対話と共有」は、この旅を通して聞こえてきて、ボクも繰り返し使った言葉でした。

議論以前に対話。
決定の前に共有。

人間の力の及ばの震災というものを経験し、
社会での経験値や職業、もしくは政治信条なんてものも違う人たちすべての命が尊重され、
新たな社会を創ってゆかねばならない。

そんな状況に直面し、最適解を求め続けた東北の人たちは、
幼い発想で開催されるオリンピックでどうにかなってしまっている東京より、
確実に10年先の未来を生きていると思えた今回です。

たとえば、
・巨大防潮堤が造られる。
・砂浜が失われるのは身を切られるような思いだ。
・ならば、防潮堤のデザインを砂浜が失われるものに変えよう。

対話と共有をサボることなく重ねた結果、
ボクのようなものから見たら、なんて美しい風景なんだと思えるビーチが生まれた。

気仙沼の大谷海岸は”おもてなし”のTOKYOが本来目指すべき未来だと思いました。

あらためて、
復興とは元に形に戻すのでは無く、
みんなが願う未来を創造することなのではないかと。

それは、あの日から10年の今から始められることも多いぞ!と思った今回。

復興のお金が土木にばかり流れることに違和感を感じるも、
三陸を貫く高速道路には確かな意義を見つける。
ならばこれをどう使っていったら良いのかを考える余地を、
東北の人は握っているように見えました。

そんなちょっと未来の東北では、
イラストレーションやデザインがもっと必要とされるし、
そんな必然に答えられるものを作らなくちゃと思ったのです。

そんな話の続きは、9月ごろ絵と一緒にまとめてみますね〜